LOG IN

撮影イベントのススメ。

by LEiyA Arata

以前プロフィール撮影会イベントをさせていただいたエステサロン様の別店舗にて、2日間にわたって、プロフィール撮影会のイベントが開催されました。

60人程の女性のプロフィール撮影をさせていただきました。

最初は撮影セットに緊張していた人もいましたが、撮影後には皆が終始笑顔で、賑やかな雰囲気に包まれていました。

そして、沢山の声をいただいてこれは!と思ったこと。

集客に悩んでいる・リピーターを増やしたい店舗さまやイベントにネタ切れしている方々・社内で全員のプロフィール撮影をしたい企業さま方にオススメなのではないかと思い、撮影イベントのススメ記事を書いてみようと思い立ちました。

・お客様の声

・撮影イベントのメリット

・撮影イベントのデメリット

お客様の声

2日間にいただいたお客様の声を一部紹介します。

10代〜70代までの女性にお越しいただきました。

・毎年写真撮影をしているけどこんなに楽しくて素敵な撮影ははじめて!また絶対やってほしい!(H様)

・細く写っててびっくりした!ポーズでこんなに変わるなんて!(M様)

・結婚式の写真すらいらなかったくらい写真が苦手で、ただドレスを着たくて参加しました。

 なのにこんなに自分が変わるなんて!楽しかったです。(Y様)

・気分をのせるのが上手!楽しくてあっという間だった。(N様 ジャズシンガー)

・楽しみにしてたので2日間きちゃいました!!(S様 事務職)

・1日目に撮影してもらって素敵だったので、2日目は娘を連れてきました。高校卒業の記念に♪(T様)

・仕事用のプロフィール、今まで自撮りだったからバリバリ使いまわします!(M様 ネイルサロン)

・まるで私じゃないみたい!年賀状に使います!(M様)

・遺影写真を撮ってもらおうと思ってきたけど、楽しみができたからまたイベントしてね。(A様)

・笑顔苦手なんですが、笑わなくてもいい写真ってあるんですね!楽しいー!(Y様)

・変身してみたくって参加しました。最高!(K様)

・結婚式以来の撮影、はまっちゃいそうです。(H様)

・おねーさんのせるの上手すぎ。笑 アーティスト写真みたいに撮れて感動!(T様)

・宣材写真がこんなに楽しくっていいんですか!?今までのと仕上がりが違う!(M様 MC)

・奇跡の一枚、部屋に引き伸ばして飾ります!(K様 エステサロン)

・アイドルみたいに撮れてびっくり。(K様)

嬉しいお声ばかりいただき、わたしも本当にイベントに関われて光栄です。

そして全員から撮影後に言われた言葉が、「次回も開催して下さい!」でした♪

撮影イベントのメリット

  1. お客様の笑顔や違った魅力に気付ける

    いつもちょっと反応が薄いお客様も、不思議と笑顔がこぼれてきて会話が弾んだりします。

    今まで接しているだけでは見えてこなかった魅力も、撮影イベントがきっかけで引き出せたりしますよ♪

    今回はエステサロン様だったので、もっと普段からきちんとケアするわ!とウキウキして帰られる方が多かったのが印象的でした。

    アパレルショップ様だと、スタッフさんが服のコーディネートをして撮影後に気に入っちゃってお買上げってこともあります。

  2. イベントだからコスパが良い

    数十人、数百人単位の撮影になるとイベント価格をお見積しています。

    1人単価が断然お得になるのもイベントだからこそ。

    スタッフ全員でプロフィール写真を統一する事も出来ます。

    ・撮影料金をおひとりずつからいただくパターン

    ・完全にファン感謝イベントで参加者は無料で撮影できるパターン

  3. みんなどこかに変身願望をもっている

    みんなどこかに変身願望を持っています。

    新しい自分、可愛くなりたい、痩せたい、オシャレになりたい

    いつもと違う自分を楽しんで貰えるイベントってワクワクしませんか?

  4. リピートを狙える

    写真のお受け取り方法によって、次回のご来店やご予約を取ることが出来ます。

    楽しんでもらうことも大事ですが、リピートにつなげるのも大事。

    リピート期間を早めることだってできちゃいます。

  5. イベント自体にもファンが出来る

    イベントの集客に悩んでいる、ネタ切れしている方にオススメなのが、撮影イベント自体のファンが出来てしまうこと。

    クチコミで新規のお客様を獲得する事もありますよ!

    また、撮影企画を変えることによってお客様を飽きさせません。

  6. 集客しやすい

    カメラマンとしては感覚が麻痺しているのですが、プロカメラマンが撮影するイベントって、思ったより少ないみたいです。

    なので「こんな機会めったにない!」という珍しさから、集客しやすいとのお声をよくいただきます。

撮影イベントのデメリット

  1. 集客が思ったより見込めないとマイナスが出る

    集客が思ったより見込めなくても、最低拘束時間分の報酬請求は発生します。

    事前にどれくらいの人数でカメラマンの報酬が支払えるかを考えて1人あたりの単価を決めることをオススメしています。

  2. 撮影時間がのびる場合がある

    アクシデントはつきもの!笑

    本当に様々なお客様がいます。

    道に迷ったり家庭の事情で予定時間から遅れてくる人、当日キャンセルの人もいるので、閉店時間、施設閉館時間がある場合はゆとりを持っての時間配分が必要です。

  3. 短時間の撮影・シチュエーションが固定

    イベント時には1人にかける撮影時間が、ぐんと減ります。

    その中でも最高の1枚を撮れるように励んでいますが、本当はこう撮ってほしかったーー!ってヒアリングまでは行き届かない場合があります。

    また、ロケーションでない限りは撮影セットでの撮影になるので、背景が固定になります。

  4. スタッフを多めに確保する必要がある

    撮影イベントの場合、慣れないことばかり。

    スムーズな流れを作る為に、撮影イベントに慣れているアシスタントを一緒に同行してもらうか、イベント当日にスタッフを多めに確保してもらう必要があります。

撮影イベントしてみたい!と思ったら

いかがでしたか?

撮影イベント面白そう!と思った方は info@leiyaarata.com までお気軽にお問い合わせ下さい。

方向音痴ですが全国出張しています!

OTHER SNAPS