LOG IN

世界初のニッチなサービス!【人間ラブドール製造所】webサイト公開しました。

by LEiyA Arata

世界初!あなたをラブドール風メイクで写真撮影!秘密のなりきり変身体験♡

という、インパクトの塊のようなキャッチコピーの【人間ラブドール製造所】のwebサイトを公開しました。

怪しそうなバナーは、わざとです。笑
公開初日から1週間程で、Twitterで8万人弱の方々の目に触れていることがびっくりです。
このブログでは人間ラブドール製造所が出来るまでや想いをちょこっとお伝えしようと思います。

はじまりは滝汗かいてた夏の日。

去年のとある忘年会で隣の席だった女装紳士のIMAさん。
IMAさんは女装メイク、私はヌード撮影が得意ということで盛り上がりました。
そして夏にIMAさんから
「ラブドールメイクのサービスがしたい。コラボしませんか?」
とお声がけいただき、そこから2人の妄想が爆発。
私は、ただラブドール風のメイクで撮影するだけなら面白くない。
どうせやるなら徹底的に世界観を創りあげる!
と言う訳で、採用、不採用含め色んなアイデアを出し合いました。
そして、ヌード撮影をさせていただいた時から仲良くなったおっぱいデザイナーの碧さんも巻き込み3人のプロフェッショナルのコラボとなりました。

碧さんは、脱げる製造師!
リアルラブドール体型に導けるようバストケアとボディラインエクササイズの1ヶ月集中レッスンを組み込んだ高級リアルラブドールプランや、とびっきりのランジェリーで撮影するランジェリーオプションプランでご一緒します。

ラブドールって?

ラブドールって、ダッチワイフとも呼ばれるセクシャルなシリコンドールです。
まだまだ、ラブドールってネガティヴイメージが強い。
私たちがラブドールに着目したのは、アート的な美しさもありつつラブドールや現代の性に対するネガティヴなイメージをこの変身体験によってプラスのイメージに変えていけるきっかけになるのではないかと思ったからです。

ラブドールをお迎えしてるドーラー(オーナー)さんって、単なる性のはけ口としてラブドールをお迎えしている訳ではないと思っています。
彼女代わりの人形(原寸大)であり、生身の女性では満たしてくれないものもラブドールは満たしてくれているかもしれない。
女性もラブドールをお迎えして自分の着れない服を着せて愛でたり、娘さんに恵まれなかったご夫婦や愛する人を亡くされた人にも需要があります。

【自分を愛でられる人間を製造する】

この言葉は、人間ラブドール製造所の理念です。

そこのあなた、今の自分を愛せてますか?
私は正直自分自身を愛しきれていませんよ体力的に労われていないから!
目の下のクマが深くなればなるほど、私がんばってんなーと思える自虐ぶりだよ!
女を楽しめているかって言ったらそうでもないよ!
日頃おっぱいおっぱいって言ってるけど性的な事から遠ざかり気味…新婚なのに…。

日常生活で自分自身を労ってあげる時間って実は少ない。
私は女性だけど、女性という性を振りかざしたくなる時、女性という性に疲れる時、女性という性を捨てたくなる時があったりする。
そしてそれは女性に限らず人間として生まれてきたすべての性においてそうなのかもしれない。

女性メインのサービスではあるけれど人間として生まれてから、生きるうえでの全ての性への想いが含まれています。
ドール、ラブドールに憧れる女性たち、変身願望のある人たち、少数派と言われる人たち、女装子、女装に興味のある男性、ラブドールを愛するオーナー、自分の性癖を他人に理解されない人たち

…書ききれないので割愛してサイトに書いている製造対象者をご紹介します。

ただのコスプレ店ではない体験を提供していければと思います。
価格帯は一般の変身体験店よりも高めに設定しましたが、メイク料金も撮影の料金も通常価格よりかなり割安にしています。
値段以上のクオリティを提供する自信ありです!

日常の中に、非日常な時間を。

人間ラブドールになってくれた方々から、沢山のヒントをいただきました。
「無になれる」
「自分が好きになった」
「今まで言えなかったセクシャルな悩みもここでなら話せる」
そして撮影が終わる頃には楽しかった!またやりたい!と言いながら笑顔を向けてくれました。

帰る頃には自分で自分を抱きしめてあげれるような気持ちになって欲しい。

人間ラブドールになることによって、「わたし」から「わたしに似たラブドール」になり、「わたしに似たラブドール」に名前をつけて呼ぶ事によって客観視することが出来る。
ラブドールのようにポージングして静止することによって生まれるのは、無の感覚。

製造師も皆ラブドール風メイクでプロフィール撮影しました。
そして気づいたことが、ラブドールポージングって難しいんだなってこと。

私は自分で撮らずに、撮ってもらいました。
中央が私なんだけど、目線が本当に難しい…。
人間ラブドールちゃん達を撮ってきたんだから目線出来るって!とか思ってましたが自分でやってみると角度もなかなか難しかった。

ラブドールポージングは難しいということにも気づき自分の経験が生かせることに嬉しくなったし、更にラブドールポージングを極めてやる!と思える良い経験になりました。

ラブドールは人間に近づき、人間はラブドールに近づく。

女性って、幼い頃からお人形遊びをするのでドールへの憧れとかお人形になりたいとか一度は思ったことあるはず。
ラブドールの展示があった時、女性客が6割も来場したそう!
ラブドールは基本的に男性が所有するうえに高額なのでなかなか女性の目に触れることはないですよね。
人って秘密や閉ざされたものに惹かれるもの。
ラブドールって実際どんな感じなの?って興味だったり、男性の求める女性って?を知りたい女性だったり、ラブドールのメイクを参考にしたいと来場した女性もいるんじゃないでしょうか?
そして最近ではラブドールの機能をもたない観賞用のラブドールも発売!
愛玩ドールですね。
どんどんラブドールはひとつのアートとして認知されていくようになっていくのかもしれない。

ラブドールを間近で見て触れたことがある人なら分かると思いますが、ラブドールのお肌はもっちもちのシリコン肌。
ベビーパウダーをつければさらりと、そのままのお肌だとしっとりと汗ばんでるかのようなお肌。
人間に近づくラブドールたちには、関節のシワや指紋、顔の影、血管も透けているものもあったりして引き込まれちゃいます。

シリコン肌に近づけ、人間をラブドールに近づける画像処理。

人間であるあなたのチャームポイントを残しつつなので、過度な補正はしない。
人間なのか人形なのかぱっと見わからないあたりになると、人間としての性を解放できたかのような感覚になるのが不思議!

世界観を創る。

人間ラブドール製造所の人間ラブドール1体1体に設定をつけてシチュエーションを考えて撮影しています。
どこまでも妄想力で世界観を創る。
気持ち悪いセリフをぶつぶつと呟きながら撮影しています。

おばあちゃんの家で、おばあちゃんがお留守の間にこっそりとクリスマスパーティーだったり。

ラブドール風メイクも、1体1体に合わせて少しづつ違います。

これからどんな人間ラブドールちゃん達を製造していけるのかとても楽しみ。

そして、人間ラブドール製造所は沢山の方のご協力があってオープンする事が出来ました。
TOPを人間ラブドールとして美しく飾ってくださったケミーキラーのクサカアキラさん・achemmy(アケミ)さん
人間ラブドールに製造された感想と人間ラブドール製造所の楽しみ方を書いてくださったカヲルさん
人間ラブドールになってくれた聖子さん・碧さん
Webサイト作成に発狂している私の手助けをしてくれた沢山のワードプレスの神々・・・!
そして沢山拡散してくださったり興味をもってくださった皆様、どうもありがとうございます!
これからもどうぞよろしくお願いします♪

【人間ラブドール製造所】
http://ningenlovedoll.com
Twitter
https://twitter.com/NLD_Osaka
Instagram
https://www.instagram.com/ningenlovedoll/



LEiyA Arata
OTHER SNAPS